CG125走行インプレッション

今日はCGを手に入れてから400キロ以上走っての走行インプレッションなんぞを書いて見たいと思います。

これまでカスタムといってもドレスアップ?みたいな記事ばかりでしたが、この辺で未熟な腕ながら気になった点を記しておきます。

まずタイヤ!基本的に接地感がやや乏しく特にコーナーでは腰がないうどんのような気がします。
グリップの絶対値が極端に低いと言う訳では無いんですが…




中国製のタイヤとしては特に悪いとは思いませんが、出来ればイノウエタイヤ(IRC)なんかに変えたい気分です。

そしてリヤサス!特にスプリングが硬いとは思っていませんが、伸び側のダンパーの効きが悪い気がします👎具体的にはギャップの通過後にポンポン弾み乗り心地と走安性のフィーリングがイマイチ!




そしてフロントブレーキ!とにかく効きが悪い❗️だけどレトロチックなドラムの外見は出来れば崩したく無い!
強化ブレーキシューを探して見ようかと目下思案中です。



まあ慌てず地道に進めて行きたいといつもよりちょっと慎重に考慮中です。
何しろ外見よりずっと大切な部分ですからね。


標高2000Mでも何とか吹けます。



エンジンの非力さは兎も角走安生は!


後は気長にユックリ進めます、ブレーキが最重要でしょうか?


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

写真一覧をみる